台本

こちらでは、台本師「七梨」の書いた台本を貼っていきます。

週替わりで様々な台本を書きますのでよければ読んでください

南瓜の匂いに誘われて

シーン1 『雨音と南瓜(かぼちゃ)の匂い』

語「空の鉛色が月の光を遮り、降りしきる雨が山犬の遠吠えを遮る夜。仄暗い街の中を、ポーチを肩にかけた一人の幼い少女が駆け回っておりました」

カ「はぁ......はぁ......ッ」

語「少女は息を整え、傍(わき)に続く路地裏に視線を向けます。街灯も無く、一面常闇に染まった路地裏の中を、灰色の鍵尻尾が蠢き、黄金色の瞳が少女を見据えていました」

カ「......あっ」

カ「......見つけた。えへへ......こんな土砂降りの中外に居たら、風邪ひいちゃうよ? ......あれ。南瓜の、匂い?」

カ「あっ、待って!猫さ......きゃあっ!!」

語「足を踏み外した感覚......そして、一瞬の浮遊感。彼女は、たまらず目を瞑ります」

語「そして、路面を打ち付ける雨音と、夜と雨の冷たさは、少女の感覚から飛び去るように消えていきました」


シーン2 『夕陽の射し込む路地裏』

カ「う、ん......あれ?」

語「少女が目を覚ましたのは、夕陽の差し込む道幅の広い路地裏でした。建物の壁面に等間隔で掛けられたランプの灯火(ともしび)が、オレンジ色に路地全体を照らします」

カ「ここ......さっきの道じゃない、よね。知らない場所......どこ?」

カ「あっ、さっきの猫さん!待って......!」

語り手「路地裏を道なりに駆け抜ける猫と少女。雨の降っていない路地裏は、乾いた靴音を辺りに響かせます」

カ「はぁ......はぁ......ッあれ?」

カ「人の、声......?」

シーン8『悪戯「いたずら」な隣人と光る屋根』

リ「(ハロウィンではしゃいでる風なガヤ)」

カ「わ、小さい子がいっぱい......」

ル「布状の宙を舞う身体に、子どものような高い笑い声......あれは、リトルオバケだね」

ル「彼らは普段から街中を駆け回っているが......毎年この日になると、特に元気なんだよなあ」

カ「お菓子が、好きなのかな?」

ル「それだけなら全然いいんだけどね......はぁ」

カ「えっ?」

ル「悪戯も大好きなんだ、彼らは」

カ「き、気をつけなきゃ」

ル「うん、それがいい。 さて......どの家でお菓子を貰おうか」

カ「お家がいっぱい」

ル「この街は住宅街と商店街とではっきり分かれているからね。 この辺りは家ばっかりさ」

カ「語り部さんもアリクイさんも、ここに住んでるの?」

ル「さぁね......アリクイはそうかもしれないが、語り部のヤツはどうだか」

カ「......? ルシェルシェ、あそこの屋根、何かキラキラしてる」

語「カーリアはそう言うと、赤い屋根の家を指差しました。 ルシェルシェは眩しそうに目を細めて、時折瞬くように光る屋根の一点を見つめます」

ル「あれは............なんだ?」

カ「ねぇ、ルシェルシェ。 お菓子を貰うお家......あのお家に、しよ?」

ル「ふむ。 まぁ、他にアテがあるわけでもないし......うん。良いね、あそこにしようか!」

カ「やった! 早く、行こ!」

ル「あぁ、行こうか! ......ふふっ、ハロウィンを楽しんでくれてるみたいで何よりだ」

語「カルーアは扉の前に辿り着くと、ふと違和感に気づき、足元へと視線を動かします。 視線の先には、猫が出入りするための小さな扉が付いておりました」

カ「......? ここって、猫さんのお家なのかな」

ル「猫か......この街にいる猫の住人と言ったら、チェシャ猫かマブ......(言いかける)」

火「私の家に何か用かしらン? ......あら? 包帯ちゃんも一緒なのね」

カ「トカゲ、さん?」

ル「なるほど。 ここは火吹きトカゲの家だったのか」

次回!動画が上がった時に後半を随時載せて行きます